失業手当とは


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > 失業手当とは?

失業手当とは

失業手当とは、失業保険などとも呼ばれ、6ヶ月以上働いた後に失業した場合、次の再就職・転職までの一定期間に支給される手当の事を言います。
失業保険・失業手当は一般的な俗称であり、雇用保険法での正式名称は『基本手当』ということになります。

じゃあ、仕事を辞めれば貰えるんだね、と勘違いをする人がいますが、実際は仕事を辞めただけで支給されるものではありません。

基本的には再就職をするまでの期間、支給されるものですから、再就職をする意思がない人などは対象になりません。ですから、「仕事をしたくない、遊んで暮らしたい」という考えで仕事を辞めた人には支給されるものではありません。
また再就職をする意思があっても、ケガや病気、妊娠などで仕事に就くことができない状態であれば、それも支給されません。

また、就職するつもりがあっても、それを行動で示さなければいけません。


その行動とは、ハローワークにいって求職の申し込みをおこなう事です。
そこで手続きをおこないはじめて失業手当を受給できるわけです。

ただ、最近では働くつもりはないが、失業手当をもらうためだけにハローワークに行き、みせかけだけの就職活動をおこなうという人も増えてきているようです。

そして、この失業手当は、いつまでも受給できるわけではありません。いつまでも受給できてしまえば、上記のように失業保険だけでいつまでも生活をしようとする人が増えてきてしまいます。
そのため受給期間も決められています。ただその期間も条件によっても異なります。

しっかりとした手続きをおこなわなければ、本来もらえるべき金額が貰えなくなりますから、しっかりと知識を得る事も大切でしょう。

失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 



(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営