解雇


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > 解雇

解雇は会社都合

会社を辞めると言っても、その理由は人それぞれではないでしょうか。


実はその辞め方一つで失業手当が貰える日数が変わってきます。

そのためできれば自己都合ではなく会社都合で退職したいものです。


会社都合での受給ができるケース


として、会社の経営が回らなくなり、リストラや解雇などにより職を失った場合があります。

この場合、一方的に会社側が悪いという事ですから、もちろん会社都合での失業という事になります。
また、会社が倒産してしまったために自動的に職を失ったという場合も会社都合になります。

そのため、失業手当は3ヶ月の給付制限を受けることなく手続きをすればすぐに受給することができます。

ですが、解雇といっても、状況が違う場合があります。
業務上横領などをおこなった事による懲戒解雇の場合には、同じ解雇といっても会社側に非があるわけではなく、自分に非があるという事ですから、自己都合と同じ扱いになります。
懲戒解雇になるケースとしては横領の他にも、痴漢や飲酒運転、セクハラ、不倫などいろいろなケースがあります。
ですが、これらの場合、一発で懲戒解雇になるケースは少なく、ほとんどは警告を受け、それでも同じ違反をした場合に懲戒解雇となります。

『遅刻をしたから解雇』、『ノルマがクリア出来なかったから解雇』ということも考えられますが、この場合、初めから規則で定められている場合を除き、懲戒解雇にする理由にはなりません。
その場合は、会社都合での失業という事になるのがほとんどでしょう。

失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 

(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営