セクハラ・パワハラ


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > セクハラ・パワハラ

セクハラ・パワハラで辞めた

会社に勤めていれば、いろいろなトラブルに巻き込まれます。

世間でもよく言われるのがセクシャルハラスメントやパワーハラスメントです。

弱い立場の者が、上司や同僚などの上位の立場にある人からセクハラやパワハラを受け、精神的にも肉体的にも耐えられないというケースです。
これが理由で退職するという人は結構いるようですが、これが理由での退職なら会社都合という事になる可能性があります。もちろん、問題なのは会社の上司や同僚ですから会社側は非がないように思えます。

ただ、なにも証拠もなく、退職した理由がセクハラだった、といっても認められる事は少ないです
逆に、自分が仕事をしたくないからといって、仕事を辞めたが会社都合にしてもらいたくて『上司の嫌がらせが嫌で辞めました』という理由がまかり通ってしまえば、誰でもそういう理由付けをするでしょう。

そのため、条件としては、セクハラやパワハラがあるということを上司や会社に訴え、その事実を会社側が把握しながらも何も対処をおこなわなかった場合、ということになるのです。


もちろん、その場合にも、明らかにそれがセクハラやパワハラであると認められてのことですから、しっかりとした証拠は残しておかなければいけないでしょう。そのためにも、話を録音しておくという事も大切な証拠になりますから、恥ずかしくても怖くてもおこなわなければいけないでしょう。

セクハラやパワハラが認められれば失業手当の会社都合か自己都合かの問題ではなく、名誉棄損で訴える事もできるかもしれませんね。

失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 

(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営