失業保険は誰でももらえる?


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > 失業保険は誰でももらえる?

失業保険は誰でももらえる?

『仕事を辞めれば失業だから、誰でも失業手当が貰えるだろう』と考える人がいますが、それは大きな間違いです。

確かに仕事を辞めれば、言葉の上では『失業』ということになるでしょう。だからといって誰でも失業手当が失業保険が貰えるというわけではありません。それでもらえるならば、1日だけ働いてその日に辞めてしまった方がいいですからね。

失業手当を受給するためには条件があるのです。


その受給条件としては基本的に、『退職した日以前の2年間で雇用保険に加入していた期間が満12ヶ月以上ある場合』と『退職した日からさかのぼり、1ヶ月ごとに区切った期間に、賃金支払いが11日間以上ある月が12ヶ月以上ある場合』ということになります。

要するに普通に12ヶ月以上雇用保険に加入していて働いていれば、金額や受給日数は異なりますが受給資格があるということになります。
また例外としては、退職の理由が会社都合である場合、雇用保険に加入していた期間が6ヶ月以上、働いた日数が11日以上の月が6ヶ月以上でも受給対象になります。

これに当てはまれば、アルバイトでもパートでも受給できるのです。逆に正社員であっても、会社側が雇用保険に加入していなかったり、働いた日数が足らなければ受給できないのです。

そのため給与明細書などで雇用保険料が差し引かれているのかをしっかり確認しておかなければいけませんし、もし日数が足らなければ、もう少しだけ頑張って働くなど対策を練る必要があります。

失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 

(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営