退職の理由を会社都合にする


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > 退職の理由を会社都合にする

退職の理由を会社都合にする

せっかく働いている時に雇用保険料を納めていたのですから、失業した時にはできるだけ多く失業手当をもらいたいものです。失業手当は退職する理由によって大きく異なります。

もし退職の理由が自己都合だと、会社都合よりも給付される期間が違います。自己都合なら雇用保険を支払った期間が10年未満で90日なのですが、会社都合であれば5〜10年で120〜240日になるのです。

そのため、できることなら退職の理由を会社都合にしてもらうだけでもらえる期間がだいぶ違います。

「でも、自分の都合で辞めるのだから、それを会社都合にはできないのでは?」
と思うかもしれません。

確かに一方的な自分の都合であれば会社都合にするのは無理です。

ですが仕事を辞めるというのはそれなりの理由がある場合が多いでしょう。不景気の昨今、ただ仕事がしたくないからという理由では簡単に辞める人もいないかも知れませんね。

会社都合にもできる理由があれば、自分の都合だと思っても変更してもらえます。よくあるのが転勤などを命ぜられたときです。

雇用の際の契約内容に『転勤あり』と定められていなければ、それを理由に会社都合に出来ます。また残業が多すぎるという時も会社都合にもできるでしょう。

その他に給料が下げられたという事も、その下げ幅によっては会社都合とみられる事もあります。

また、その他の理由であっても、長年貢献してきた人であれば、会社側から「会社都合にしてもいい」と言われるケースもありますから、ダメもとで掛け合っても手もいいかもしれませんね。

失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 

(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営