退職届はいつ、どのように出すか


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > 退職届はいつ、どのように出すか

退職届はいつ、どのように出すか

まず、退職時期を決めたのなら、会社に退職届を提出する必要があります。

退職届を出したからといってすぐに辞めることはできません。
業務の引継ぎや会社の都合もありますので前もって提出する必要があります。


では、いつまでに退職届を提出するべきでしょうか。

まずは会社の就業規則に目を通しましょう。
就業規則に退職に関する規定があるはずなので、それに従います。
特に規定がない場合は民法に合わせて2週間前までに提出するとよいでしょう。

ただ、実際には退職届を出す前に直属の上司に報告し、退職日の相談をするのが円満な退職の方法です。
働いている環境や状況によって2週間前では遅い場合もあるからです。

また、お世話になった上司に一言もなく、退職届を出した場合少なからずショックを受ける上司も多いはずです。


退職後も、人間関係は残るものなのですから、周りの方の迷惑にならないように最小限の配慮は必要です。


退職届?退職願?辞表?



テレビドラマなどでは、ドドーンと机の上に「辞表」と書いた封筒を・・・なんてこともありますが、実際は「辞表」を使用するのはふさわしくない場合が多いです。

というのは、「辞表」とは、役目や役職等を辞するときに使用するもので、取締役などの会社運営に関わる重役や公務員しか使用しません。



では退職届と退職願の違いはなんでしょう。


退職願は、「退職してよいかお伺いをたてるもの」上司に提出して、しかるべき人事などにわたり、、そして退職承認された旨を本人に伝えて、雇用契約の終了が決定し法的に有効になります。つまりそれまでは撤回することができ、「辞めるのを辞めた」ということも可能になります。

退職届は「退職するという決定した意の表明」であり、上司に提出し、受理された時点で、「雇用契約の終了が決定」となるのです。


つまりは退職願は提出した後すぐならば撤回がきき、退職届は撤回できないということです。


注意すべき点ですが、退職理由が会社都合である場合は、退職届をださなければいけません。
退職願にした場合、自己都合退職扱いされてしまう危険性があります。

そしてその場合の退職届の文面には、かならず会社都合であることを明記することをお勧めします。

退職願(届)を書きましょう。


まず書く用意をしましょう。
退職願を書くために専用の用紙はありません。白無地の便箋などで十分でしょう。

退職願や退職届は専用の用紙筆記用具は、黒や青の油性のボールペンや万年筆又は細めのサインペンを使わなければなりません。

正式な文書ですし、日付など文面を消しゴムなどで修正できない筆記用具を使用する必要があるのです。
記載は、必ず縦書きで楷書で記入します。

まず「退職願」と記入します。
次の行の一番下に「私事」または「私儀」と記入します。
そして次の行に上から「この度一身上の都合により、来る平成○○年○○月○○日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。」と記入します。
この時の退職理由は正直に詳細に記入する必要はなく、「一身上の都合」もしくは「家事の都合」などを使用するとよいでしょう。

そしてこの時の退職日は、会社と合意した退職日を西暦ではなく元号で記入します。
次に、2行ほど空けて退職願を実際に提出する日付、会社で所属していた部署、自分の氏名、捺印(認印も可)を記入します。

最後に、会社の正式名称と社長の氏名(敬称は「殿」がふさわしい)を記入します。
この時注意すべきこととして自分の氏名の書き出しは、社長の氏名より下に来るように書くのが礼儀です。

書き終ったら誤字脱字がないかの確認をして、三つ折りにして、封筒に収めて提出します。
封筒の表側には大きく「退職願」または「退職届」と書き、自分の会社で所属していた部署、自分の氏名を書き込みます。

封筒は糊付けしたら完成です。
上司に渡すまでしわやシミができないよう持ち運びには気をつけましょう。


失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 

(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営