退職後の健康保険は?


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > 退職後の健康保険は?

退職後の健康保険は?

退職後、健康保険をどうするか?

いくつか選択肢があります。

@家族や配偶者の扶養に入る



この場合、国民健康保険だと扶養に入っても払う金額は変わりません。

社会保険の場合は、扶養に入ると保険料の負担は0になりますが、失業保険の受給ができなくなります。

ですから、失業給付を受けながら求職活動、転職活動を行う方は、次のAかBを選択したほうが良いでしょう。

A今までの保険を任意継続する


  任意継続とは
 退職した後に、希望すれば任意で退職前と同じ健康保険制度に加入できるというものです。
 継続した2か月以上の被保険者期間が必要ですが、2か月ですから、大抵の方が、任意継続することがで きるというわけです。
 ただし任意継続できる期間は2年間で、資格喪失後20日以内に協会けんぽ各都道府県支部へ任意継続  被保険者資格取得申出書の届出をしないといけません。
 そして、1日でも支払いが遅れた場合は脱退とみなされます。


B国民健康保険に入る


任意継続も国民年金保険も自己負担額は3割ですから、病院にかかる費用に差はないでしょう。



では、それぞれの保険料はいくらでしょうか?



退職した後の健康保険を「任意継続」にした場合



保険料は、退職時の標準報酬月額(平成25年度の上限は28万円)によって決定されます。各都道府県が決定した料率をかけると保険料が算出できるということです。



ですが、もっと簡単に在職中の給与から控除されてる「健康保険料」の2倍となると考えるとよいでしょう。(40才以上で介護保険料も控除されている方は、こちらも2倍になります。)

なぜ2倍になるか。
任意継続被保険者の保険料は、全額自己負担となります
会社の在籍中は、会社の在籍中に給与から控除されていた半額分は会社が支払っていたくれていただけなので、退職後は2倍の額となるのです。


2倍ときくと、恐ろしくなってしまうかもしれませんが、任意継続の標準報酬月額の上限は28万円と決まっているので保険料も上限以上に請求されることはありません


この上限額は平成24年度では、月額22,960円となっています。
介護保険料を支払う必要のある方は、さらに4000円程度追加されると考えていただければよいと思います。。



それでは国民健康保険では、いくらになるのでしょうか?



国民健康保険の計算方法は市区町村で違います。

お住まいの市町村の国民健康保険の係へ聞くのが一番早いでしょう。

その場合、身分証明書と前年の源泉徴収票、または市県民税などの通知書を持参していくならば、いくらになるか計算してくれるでしょう。


また市町村によってはホームページで計算方法が載っていることがあるのでそれを見ながら自分で計算してみるとよいでしょう。

任意継続と国民健康保険と保険料を比較して退職後の保険加入を決定するとよいでしょう。



ですが、お迷いであれば任意継続に入ることをお勧めします。

一般的には、任意継続のほうが割安になることが多いですし、もしやっぱり国民健康保険が良いとなれば任意継続から国民健康保険に移ることは簡単です。
しかし反対に国民健康保険から任意継続に移ることはできません。任意継続の手続きは退職後20日以内と決められているからです。

失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 

(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営