給付日数


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > 給付日数

給付日数

失業手当は、退職をしてから次に就職をおこなうまでの期間、受給できるのですが、いつまでも受給し続けられるわけではありません。

失業手当は給付日数が決められています。
そのため、賃金日額×給付日数が実際の受給金額となるわけです。
ただ、給付日数も人によって異なります。

給付日数の違いは、退職した理由と、雇用保険に加入していた期間、年齢によって変わってきます


まず、退職した理由が自己都合による退職の場合は、年齢に関係なく、雇用保険加入期間が10年未満で90日、10年以上、20年未満で120日、20年以上で150日となります。

会社都合による退職の場合は、自己都合よりも給付日数が多くなります。
それでも雇用保険に加入していた期間が1年未満は年齢に関係なく90日です。

 30歳未満では雇用保険加入期間が1年以上5年未満の場合は90日、10年未満は120日、20年未満は180日の給付になります。

 30歳以上35歳未満の方で雇用保険加入期間が1年以上5年未満の場合は90日、10年未満は180日、20年未満は210日、20年以上で240日となります。

 35歳以上45歳未満の方で雇用保険加入期間が1年以上5年未満の場合は90日、10年未満は180日、20年未満は240日、20年以上で270日です。

 45歳以上60歳未満の方で雇用保険の加入期間が1年以上5年未満の場合は180日、10年未満は240日、20年未満は270日、20年以上で330日になります。

 60歳以上65歳未満の方で雇用保険加入期間が1年以上5年未満の場合は150日、10年未満は180日、20年未満は210日、20年以上で240日となります。


これは必ず満額もらえるというものではありません。再就職をすれば、そこで打ち切りとなります。

失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 

(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営