受給期間延長とは


使う人失業に関する情報を紹介。
失業保険・雇用保険の調査。失業していると、知らないと知っているでは、もらえる手当てが違ったりしますので情報の把握が大切。
失業保険 > 受給期間延長とは

受給期間延長とは

失業手当は、やはり退職をしたらすぐにでも貰いたいものです。

ですが失業手当を受給できる条件として働く意思、再就職をするというつもりというのが条件です。
すぐに働くつもりがない人、働く意思があってもすぐには働くことができない人は受給することができません。

すぐに働くことができない人は、働けるようになったらそこから受給することができます。
ですが、受給期間は退職した日の翌日から最長でも1年間となっているのです。

ですが、そういう働けない理由がある人に限り、受給期間の延長をすることができるのです。

受給期間の延長は対象となる人が決められています。

それはまず病気やけがをしてしまい、やむを得ず退職、その後も1年以上働くことができないという場合に延長できます。

また、妊娠や出産を機に退職したという人は、1年以上働けなくなることもあります。また出産が終わりそこから育児、もしくは産休後、職場復帰したが、やはり育児をするために退職をしたという場合も子供が3歳未満までなら受給期間の延長が可能です。

その他には親族の介護のため、公的機関の海外派遣、海外指導、転勤した配偶者への同行のためなどでも延長ができます。


とはいえ、いつまでも延長できるわけではありません。最長でも3年までとなっており、本来の受給期間である1年もプラスすると、実質4年まで延長できるのです。

ただし延長は30日以上働けない時になりますので、1週間だけ延長というわけにはいきません。また手続きも30日以上になった翌日からでき、そこから1ヶ月以内に済ませなければいけません。

失業保険ガイド

他の方はこんな項目をチェックしています-更新
   失業保険は誰でももらえる?   雇用保険に加入していない   残業時間が多い

 
 

(C)copyright 失業保険ガイド all right reserved   運営